忍者ブログ
ゼノア緑株式会社では、ゼノア化粧料本舗の商品を通信販売しております。
美容と健康に関する情報とゼノア化粧料本舗の肌に優しい化粧品へのこだわりをご紹介しております。
[70]  [68]  [67]  [66]  [65]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

メイクの毒性は細胞毒
多くの市販されているメイク化粧品は、美しい色合いを引き出すためにタール色素が使われています。このタール色素が肌の細胞を殺す毒(細胞毒)であることは、化粧品に興味がある方ならご存知だと思います。しかしながら、多くの方はメイクの毒性をわかっていても、綺麗なメイクをするためにタール色素の毒性を無視してメイクし続け、数年後に自分の肌が痛んできているのを如実に実感するのではないでしょうか。多くの女性雑誌の記事や歯の浮くようなキャッチコピー、見た目重視のテレビCMなどでに惑わされてはいけません。どんなに美しく見えてもタール色素は毒なのです。タール色素の発色性をかりたメイク化粧品を使うことは、肌を痛め老化させることなのです。このようなメイク化粧品を使うには、その覚悟が必要になるのです。

消毒薬に使用されるクレゾールは200倍に薄めて使用しても、細菌を即死させる強い毒性を持っています。細菌を殺すということは、肌の細胞も殺すということです。この毒性を細胞毒といいます。タール色素はクレゾールと同じ性質の毒性を持っているものなのです。

メイクに使用されているタール色素の毒性は極めて低い?
化粧品業界は、メイクに使用されているタール色素の毒性は極めて低いものであることを主張しています。個々の商品に使用されているタール色素の毒性は低いのかもしれません。しかし、メイク化粧品は数種類のタール色素を併用しているだけでなく、実際にメイクをする際には、ファンデーション、コンパクト、ほほ紅、アイシャドウなどを同時に使っているのですから、肌に接触するタール色素は十種類くらいになるのです。「毒性は極めて低いものを使っているから安全」というのは、毒性の相乗作用を無視した言葉なのです。

メイク化粧品に使用されているタール色素(合成着色料)は、肌の細胞を殺す強い毒性を持つものです。タール色素を使ったメイク化粧品でメイクし、合成洗剤(合成界面活性剤)のクレンジング(メイク落とし)を使っていれば、肌は必然的に両者の複合汚染を受けるのです。
PR
e-genoa shop
【美肌の秘密】は【ゼノア化粧料本舗 e-genoa shop】が、美容と健康、美肌についての情報、ゼノア化粧料のこだわりを紹介するブログです。
美しい肌をつくり、健康に保つためには、自身がきちんと肌の仕組みを理解し、自分の肌の状態をみて、正しいスキンケアが出来るようになることが大切です。毒性化粧品を避け、肌を健やかに保つ基礎化粧品と肌に優しいメイクアップを使うことで、綺麗な肌を手に入れましょう。美肌の秘密とは、健康で美しい肌をつくる正しいスキンケアのことなのです。

ゼノア化粧料本舗の商品は、ゼノア化粧品通販 e-genoa shop でご購入下さい。

【美肌の秘密】について
コメントは上記リンク先の記事で受け付けております。


ブログランキング
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
バーコード
携帯でご覧になる場合は、バーコードを読み取ってください。
美肌の秘密 ブログ内検索
カウンター & アクセス解析
SEO
  • seo
ゼノア緑 株式会社はゼノア化粧料本舗の正規販売会社です。
ゼノア化粧料本舗の商品のご購入は、ゼノア化粧品通販 e-genoa shop をご利用下さい。
 
忍者ブログ [PR]

Copyright (c) Genoa Midori Co.,Ltd. All Rights Reserved.