忍者ブログ
ゼノア緑株式会社では、ゼノア化粧料本舗の商品を通信販売しております。
美容と健康に関する情報とゼノア化粧料本舗の肌に優しい化粧品へのこだわりをご紹介しております。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

美肌について、化粧品にすべてを求めるのは間違いです。
美肌を保つには、正しい食生活とストレスを感じない落ち着いた精神生活がとても大切です。美しい素肌は化粧品で作られるものではないのです。
美肌とは、肌などを美しく整えることですが、肌環境を損ねてまで美しく装うことでは無いはずです。健康的な肌は美しいものです。健康的な肌を作るのは化粧品ではありません。正しい食生活とストレスを感じない落ち着いた精神生活が、美しい肌を作るのです。あなた自身が作った健康な肌を外界の刺激から守り、肌環境を健やかに保つことが化粧品に求められる役割なのです。

「この基礎化粧品を使えば美肌になれる!」
「この美容成分で美肌を手に入れることが出来る!」


そんな都合の良い化粧品が本当にあるのでしょうか?

美肌について、化粧品にすべてを求めるのは間違いなのです。
化粧品が肌そのものを作るわけではないのですから。
PR
アンチエイジング化粧品は、水を肌に注入して膨らませる化粧品?
しぼんだ風船を膨らませるとシワが消える。同じように、肌に水を注入すれば肌が膨らみシワが消える。これが、アンチエイジング化粧品の実態です。多くの化粧品メーカーがアンチエイジング化粧品を製造販売していますが、こんなに多くの老化を止める効能成分が発見されているのでしょうか? あるアンチエイジング化粧品は肌がムチムチになるといい、あるアンチエイジング化粧品は肌が赤ちゃんのようになるといい、あるアンチエイジング化粧品は押した指を押し返すような肌になるという。全てのアンチエイジング化粧品の宣伝コピーが酷似しているのは、「水を肌に注入して膨らませる化粧品」だからなのです。

肌に水を注入するためには、肌のバリアを壊さなければなりません。肌のバリアを壊すのは合成界面活性剤です。アンチエイジング化粧品に含まれている合成界面活性剤が肌のバリアを壊し、化粧品に含まれる水分や水に溶けた物質が簡単に肌に入ってしまうのです。そして、肌が急速に膨らみシワが消えるのです。
化粧品でシワを消してきた人は、10日間ほど化粧品の使用を止めてみてください。多分、見るも無残なシワが貴女の肌に刻まれているのではないでしょうか?

化粧品で膨らませた肌は、非現実なバーチャルスキンなのです!
美白の方法は3種類
  1. 表皮を少しずつ剥離して表皮の新陳代謝を高める物理的ピーリングによる方法
  2. 角質層の表面部だけを漂白する方法
  3. 漂白剤を真皮や皮下組織に浸透させる方法

物理的ピーリングによる方法と角質層の表面部だけを漂白する方法は比較的安全な方法ですが、漂白剤を真皮や皮下組織に浸透させる方法は肌にとっては危険な方法なのです。そして、この危険な方法で美白する化粧品が、現代の美白化粧品と呼ばれているものなのです。

漂白剤を真皮や皮下組織に浸透させる美白方法の危険性
肌を黒くするメラニンは、皮膚の細胞の中にあります。美白剤(漂白剤)を皮膚に浸透させても、皮膚の細胞には細胞膜があって美白剤(漂白剤)は簡単に細胞に入れません。
美白剤(漂白剤)を細胞に入れなければ、細胞内部にあるメラニンを漂白できない・・・
つまり、美白剤(漂白剤)を細胞内に入れるためには、細胞膜を壊さなければならないのです。美白剤(漂白剤)を浸透させるために、肌のバリアや細胞膜を壊すものは浸透剤と呼ばれる界面活性剤です。短期間で効果的に美白を行うためには、界面活性剤を多く用いて浸透力を上げなければなりません。

効果的=浸透力が強い=界面活性剤が多い

細胞膜を破壊する愚かな美白方法
細胞膜は細胞に異物が混入するのを防ぎ、細胞の生理活動を安全に維持しているものです。この細胞膜を壊すことで、体液中の老廃物だけでなく、化粧品に含まれる異物も細胞に浸透してしまうことになるのです。特に化粧品中の防腐剤や酸化防止剤、紫外線吸収剤などは危険なのです。美白剤(漂白剤)だけが細胞に入るわけではないのです。さらに、「メラニンだけ壊して、皮膚を殺さない」なんて都合の良い美白剤(漂白剤)はありえません。美白剤(漂白剤)を浸透させる美白方法は脱色なのです。原理は髪のブリーチと同じです。髪の脱色が髪を傷めることは、多くの方がご存知だと思います。肌の脱色も同じことです。

美白剤(漂白剤)を浸透させる方法は、美しくあるべき肌の寿命を縮め、やがてシワを招く行為なのです。

基礎化粧品のクリームの役割は、皮脂を補充して肌を保護することです。
皮脂は天然のクリームであり、肌に最も良いクリームなのですが、皮脂の分泌量は30代を過ぎると年齢とともに減っていきます。皮脂は汗と混ざり合って皮脂膜(肌のバリア)を作ります。皮脂膜は外界の刺激から肌を守るだけではなく、肌の保湿力にも欠かせないものです。皮脂量が減ってしまうと、美しい健康的な肌は維持できません。肌の健康を守るのためには、基礎クリームで皮脂を補充し、肌を保護する必要性があるのです。

基礎クリームは皮脂に近い成分のものを選ぶ
天然のクリームである皮脂の補充を目的とした、皮脂に近い成分でつくられた基礎クリームを使うことが大切です。基礎クリームの目的は、皮脂の補充です。(メイク下地として、メイクを皮膚から隔離・遮断する役割もあります。) 皮膚を若返らせる薬効成分(代謝促進剤)を配合したクリームなどは、その薬効成分を皮膚に入れるために角質層を壊さなければなりません。皮脂を補充して角質層を保護するどころか、逆に角質層を壊してしまうのでは…

肌に直接つける化粧品だからこそ、その本来の目的を考えて選ぶことが大切なのです。
肌の環境を壊さなければ、肌に入れることの出来ない薬効成分などに惑わされてはいけません。
今まで何の問題もなく使えていた化粧品だったのに・・・
突然、化粧品かぶれが起こってしまった経験はありませんか?

ストレスが原因? ホルモンの働きが原因?
それとも、今まで使ってきた化粧品が原因?

原因は様々考えられますが・・・

それは化粧品の慢性毒に、貴女の肌が侵されてしまったのかもしれません。

化粧品の慢性毒は、深刻な結果をまねく場合が少なくはありません。慢性毒は肌への影響の現れ方が遅いために、化粧品の害が肌へ蓄積されてしまうことが多いのです。その結果、処置をしても肌が回復するのに時間がかかってしまうのです。毒性化粧品を何の疑いもなく10年、20年と使い続けた結果、突然短期間のうちに小ジワやシミが急増するのが慢性毒の怖さなのです。

今使っていて何の問題も無い!
肌もしっとりするし、美白効果もすばらしい!
使いやすいし、薬効効果もばっちりで、無添加で、植物性で肌に優しい!

宣伝文句を鵜呑みにして、使い続けた結果が・・・
小ジワやシミの大量生産につながってしまった・・・

何を求めて化粧品を選ぶのかをお考え下さい。
e-genoa shop
【美肌の秘密】は【ゼノア化粧料本舗 e-genoa shop】が、美容と健康、美肌についての情報、ゼノア化粧料のこだわりを紹介するブログです。
美しい肌をつくり、健康に保つためには、自身がきちんと肌の仕組みを理解し、自分の肌の状態をみて、正しいスキンケアが出来るようになることが大切です。毒性化粧品を避け、肌を健やかに保つ基礎化粧品と肌に優しいメイクアップを使うことで、綺麗な肌を手に入れましょう。美肌の秘密とは、健康で美しい肌をつくる正しいスキンケアのことなのです。

ゼノア化粧料本舗の商品は、ゼノア化粧品通販 e-genoa shop でご購入下さい。

【美肌の秘密】について
コメントは上記リンク先の記事で受け付けております。


ブログランキング
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
バーコード
携帯でご覧になる場合は、バーコードを読み取ってください。
美肌の秘密 ブログ内検索
カウンター & アクセス解析
SEO
  • seo
ゼノア緑 株式会社はゼノア化粧料本舗の正規販売会社です。
ゼノア化粧料本舗の商品のご購入は、ゼノア化粧品通販 e-genoa shop をご利用下さい。
 
忍者ブログ [PR]

Copyright (c) Genoa Midori Co.,Ltd. All Rights Reserved.