忍者ブログ
ゼノア緑株式会社では、ゼノア化粧料本舗の商品を通信販売しております。
美容と健康に関する情報とゼノア化粧料本舗の肌に優しい化粧品へのこだわりをご紹介しております。
[1]  [2]  [3]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

メラニンは刺激によってもつくられます。
シミの原因と言えば思いつくのが紫外線ですが、メラニンは刺激」よってもつくられます。ニキビやアレルギー等の炎症、タオルで強くこする等の刺激から肌を守るために、シミの原因であるメラニン色素が発生しているのです。メイクのときに使用するパフが汚れていたり古くなっていては、肌に優しく使えません。洗顔をおざなりにして、タオルで汚れを拭き取っていては、肌への刺激が強くなります。
肌に触れるメイク用品やタオルなどの質にもこだわり、日常生活で蓄積されている肌への刺激を減らすことが大切です。

お勧めのシミ対策
美肌とビタミンC… (元気な肌を取り戻す)
土質系のパック … (皮膚を強くする酸性化粧水でシミ予防) 
酸性化粧水 … (不要な角質を取り除くパック美顔術)
マッサージクリーム アルファ … (柿の葉茶でシミの原因となるメラニン色素を抑制)

PR
化粧品にかぶれたときには
保湿化粧品の乱用や、強すぎる洗浄力をもったクレンジングでの洗いすぎのために乾燥肌が激増しています。乾燥肌は20代からはじまり、その度合いも激化し、従来の美容ではなかなかケアできない状況にあり、石けん洗顔さえできません。以前は、化粧品の使用を中止すればヒフは自然に回復し、乾燥肌は2週間程度でおさまる傾向にあったのですが、最近は、1ヶ月以上改善しない人もいます。

傷んだ肌にゼノア5段階法
ゼノア5段階法とは、化粧品にかぶれたときのケアの基本とされる自然回復を目指した美容の基本ともいえる肌の回復方法です。 
化粧品にかぶれたときは、その化粧品をぬる湯でよく洗い流し、ヒフが完全に回復するまで、石けんも使ってはならない。この原則を守るのが重要です。炎症はヒフが極端に弱っている状態なので安静にさせるのは当然です。化粧品でおさめようとしたりすると皮膚科医も困るほど悪化し、こじらせることになる場合があります。化粧品が肌に合わないからといって、別の化粧品をすぐに使用するようなことは避けなければなりません。ゼノアの5段階法は、化粧品にかぶれたとき、皮膚の弱い人が今までとは違う化粧品を使うときなどにお勧めする弱肌の解決法です。

ゼノア5段階法の一例 
第1段階 (6日間) 
朝夕、水で洗顔するだけ。 乾燥の程度に応じて日数を(1~3倍)に調整してください。

第2段階 (4日間)
朝夕、水で洗顔し、水で3倍に薄めたローションA30をつける。(こうして皮脂を顔に溜めていきます。) 

第3段階 (4日間) 
朝夕、水で洗顔し、ローションA30をそのままつける。 

第4段階 (6日間) 
夕、NAN (無水コールド) で軽く顔をなで、熱くないタオルでふきとり、びがんこで軽く洗顔、 ローションA30をつける。朝はびがんこで軽く洗顔、 ローションA30をつける。 

第5段階 (これ以降は通常の化粧) 
朝はびがんこで軽く洗顔し、ローションA30とクリームA30で下地をつくり、メイク。夕は無水コールド (NAN、またはコールドクリームトゥエンティ) で 1分間軽くマッサージし、蒸しタオルをあててふきとり、石けんまたはびがんこで洗い、 ローションA30をつける。 

以後は、5段階の素肌の洗顔とメイク落としの洗顔を守って下さい。 途中、かゆみ等の異常を感じたら、第1段階にもどり、日数をヒフの状態にあわせて各自調整してください。また、5段階法の1段階さえ試せないようであれば、皮膚科医へ相談してください。
どんなにお化粧をして美しく飾っても、素肌が健康でないと美肌とはいえません。
素肌が健康で美しくあってこそ、ファンデーションなどメイクが生きてくるのです。健康な肌をつくるためには、規則正しい日常生活と食生活が重要です。不摂生な生活は肌に現れてしまうものなのです。また、健康的な肌を維持するためには、使用するスキンケア用品や化粧品を正しく選ばなければなりません。合成界面活性剤を使用したスキンケア用品や化粧品は、浸透力や洗浄力の強くて「肌のバリア」を壊してしまうのでお勧めできません。「肌のバリア」を壊した結果、様々な肌のトラブルを引き起こしてしまうのです。健康的な生活をしていても、間違ったスキンケアやお化粧で肌を壊していては、いつまでたっても健康的な肌は手に入れられません。

これからの自分の肌のために、合成界面活性剤を使用していない化粧品選びをしてみてはいかがでしょうか。

合成界面活性剤と化粧品
界面活性剤 … 石鹸と合成界面活性剤
肌に合った洗顔料を
石鹸の洗浄力は合成洗剤よりも弱いのですが、自然界では最も強い洗浄力をもっています。石鹸で洗顔して皮膚が脂気を失い、顔が長時間にわたってつっぱってしまう方は、石鹸の洗浄力が強すぎるのです。洗顔料は肌(皮膚)に大きな影響をあたえます。洗顔料は自分のお肌に合わせて選ばなければなりません。

江戸時代には珪藻土を洗顔のための「洗い粉」としていたそうです。
昔は珪藻土や白土で作った「洗い粉」があったそうです。土の粒子が自然のスクラブとして、洗浄の際摩に擦効果を高めて、汚れや角質を落としてくれます。
ゼノア化粧料本舗の「びがんこ」は、皮脂を取り過ぎず角質を程よく溶かす、微粒子の白土を基材とする練り状の洗い粉です。石鹸での洗顔でツッパリ感のある方やピリピリと刺激を感じる方は、「びがんこ」での洗顔をおすすめします。
「びがんこ」は泡が立たない洗顔料です。
びがんこゼノア化粧料本舗 アースシリーズ
びがんこ
微粒子の白土を基剤とし、お肌の脂分をとり過ぎず洗顔ができる練り状の洗顔用洗い粉です。敏感肌の方は撫でる力で洗浄力をコントロールして下さい。石けん洗顔でお肌がつっぱる方は「びがんこ」での洗顔をおすすめします。

「びがんこ」のご購入はこちらをクリック
肌の老化を防ぐために、皮膚の壁を強くする。
皮膚の壁である角化層(角質層と顆粒層)が弱くなると、肌の老化が早くなります。メイクをして、早く小皺になるのは、メイク化粧品やメイク落とし用の洗顔料が皮膚の壁を弱め、有毒な色材料などが皮膚に入ってしまうからです。
メイクの被害(有毒なタール色素の侵入)を防ぐにも、剥離性パック美顔術で皮膚の中の色素を排泄するにも、皮膚の壁を強くしなければなりません。(剥離性パックを皮膚の壁が弱い状態で使用すると、皮膚の生組織を傷つけて皮膚を弱めてしまいます。)皮膚の壁を強くし健康な肌を維持することは、肌の老化を防ぐことになるのです。

美しい肌づくりというと、多くの人は特殊な薬効化粧品や安全な自然化粧品、無添加化粧品を思い浮かべるでしょう。しかし、化粧品(特に基礎化粧品)には、このようなことは意味がありません。皮膚を作るのは食生活で、作った皮膚を守るのが皮膚の壁なのです。化粧品に求められるのは、「皮膚を健やかに保つ」ことなのです。
e-genoa shop
【美肌の秘密】は【ゼノア化粧料本舗 e-genoa shop】が、美容と健康、美肌についての情報、ゼノア化粧料のこだわりを紹介するブログです。
美しい肌をつくり、健康に保つためには、自身がきちんと肌の仕組みを理解し、自分の肌の状態をみて、正しいスキンケアが出来るようになることが大切です。毒性化粧品を避け、肌を健やかに保つ基礎化粧品と肌に優しいメイクアップを使うことで、綺麗な肌を手に入れましょう。美肌の秘密とは、健康で美しい肌をつくる正しいスキンケアのことなのです。

ゼノア化粧料本舗の商品は、ゼノア化粧品通販 e-genoa shop でご購入下さい。

【美肌の秘密】について
コメントは上記リンク先の記事で受け付けております。


ブログランキング
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
バーコード
携帯でご覧になる場合は、バーコードを読み取ってください。
美肌の秘密 ブログ内検索
カウンター & アクセス解析
SEO
  • seo
ゼノア緑 株式会社はゼノア化粧料本舗の正規販売会社です。
ゼノア化粧料本舗の商品のご購入は、ゼノア化粧品通販 e-genoa shop をご利用下さい。
 
忍者ブログ [PR]

Copyright (c) Genoa Midori Co.,Ltd. All Rights Reserved.